【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ちっぽけ水槽

c0034174_1125218.jpg
これがサイズ的には理想のちっぽけ水槽です。

15*8*15、計らずも一升枡と同じ大きさになりました。これは、ガラス屋さんに頼んで切ってもらいました。

15*8 3枚
15.3*15 2枚

1枚400円 計2000円

バスコーク(接着剤)400円

なんと、材料費だけで2400円。ゲゲグエ~! た、高い。我が家の水槽で一番高い。

で、なんで角々が白く汚くなっているかというと。それは、まあ、あなた。聞くも涙。語るも涙。なので御座いますよ。

な、なんとガラス工芸の素人のわたしはマスキングという技術など知るよしも有りません。

なんの用意もなくガラスの淵に接着剤を塗りたくりテーブルの上で接合を終えました。仮止めのため輪ゴムを掛けようと思って、よくよく考えてみると両手は水槽(のようなもの)を押さえるために塞がっています。アゴを使ってとか、足を使ってとか、チンパンジーのような事も考えてはみたものの、実現する勇気も体力もありませんでした。

しかるに、わたしがとった方法というのは。

ただただ、その体制で待ったのです。

待つこと約1時間。手が痺れて、よもや、腐ってしまうのではないかと思われた頃。決断の時はやって参りました。

うあっ!と、念力を掛けて手を離すと、その、(のようなもの)は崩れることなく、すっくと立ったのであります。無事輪ゴムを掛けることもできました。めでたし、めでたし。

で、再度、話を戻して、なんであんなに汚いかと申すと。(この時点ではだいぶマシだった)

翌日(接着剤の乾燥が24時間掛かる)水を入れてみると、あなた。
漏れるもれる。

接着剤を塗って24時間・・・漏れる。を繰り返して、かように汚い水槽が出来上がったのであります。(パチパチパチパチ ヒューヒュー イイゾイイゾ バカヤロー)

上の写真は当初のもの
下の写真は何故か苔こけになった現在のものです。

c0034174_1145998.jpg









水槽:自作(一部 湯河原ガラス店補助) 1800cc

底砂:ろ過砂、ろ過用合成綿

ろ過:底面(なんとかミニ、市販品 680円)

水草:カボンバ
   リシマキア
   パロットフェザー
   
水替え:基本的に無し、蒸発した分を追加

照明:コトブキ(曲がる金属ホースのやつ 2000円くらい)

水温:不明

生体:アカヒレ(成魚?)20ミリ*4匹
   オトシンクルス*1(最近投入)
   石巻貝*1
   ビーシュリンプ*1
   ヤマト沼エビ*1(最近引っ越してきた)


エサ:乾燥赤虫(2日に1回程度)

維持期間:およそ2ヶ月半
[PR]
by mefmef | 2005-03-10 11:08 | プールデータ