【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タンポポ試食レポート。

kartsさんのコメントにもありましたが、タンポポは西洋のどこかの国で野菜として食べられている植物らしくて、栽培用に輸入されたものが野生化したんだそうです。帰化植物で、日本の在来種は絶滅の危機に瀕しているのだそうです。こんなところまで、そんな話が。。。

それは、置いといて。

タンポポベーコンバター炒め。まずまずでした。まずいでもなく最高でもありません。ただし、これはわたしの料理の腕のせいで材料としては可也いけるんじゃないかと思います。ほうれん草のバター炒めには負けていないと思いました。

そこで、いけそうな料理を考えてみました。

■一番は刺身のつまとしてタンポポの花を乗せる。
タンポポの花は現地で試食してみましたが、わずかな甘味があり癖はありません。生のままでも食べることができました。よく刺身に食用菊の花がのせてありますが、完全に代用できます。スーパーの刺身が旅館の刺身に変身。

■味噌汁の具。
椀にタンポポの花と二センチ位に刻んだ茎を入れて、味噌汁かおすましをそそぐ。華やかな花の汁ができます。

■湯豆腐。
湯豆腐に春菊を入れますよね。一人前だと春菊一把は多すぎて困ります。これには花も茎も葉も入れて大丈夫じゃないでしょうか。ポン酢で食すタンポポの花いけるような気がします。一人用すき焼きもよろしいんじゃないでしょうか。

■サラダ。
2~3センチにざく切りにして花をトッピングしてフレンチドレッシング。

くらいでしょうか。葉は春菊、花は食用菊という感じでした。茎は刻まないとニンニクの芽みたいに噛み切りにくい。です。
[PR]
by mefmef | 2005-04-17 14:00 | ショート