【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

トロピカルランドの食事風景

トロピカルランドは営業開始から無事1週間が過ぎました。

餌は魚には缶にはいったフレーク状(パイ生地のケーキやお菓子をガバッとかぶりつくとヒザの上にこぼれるクズと言うか、日に焼けてベロ~ンと剥けた皮を、ダンボールに丁寧に張って、日向で3日間干してパリパリにした形状)の物を、イソギンチャクには刺身を小さく刻んだものを与えていました。

金さんがフレークをひとつまみ水槽に振り入れるとパイロットが飛んできます。いや泳いできます。か?

バシャバシャ、パクパク、ギュィ~ンパクパク、バシャバシャパクパク、パクパク。

いつもの事ながら金さんは呆気にとられます。

海面の騒動に気がついたクマノミが

フニャフニャというかフニャリンフニャリンと中層までやってきて、これもパクパクと元気に食べます。

最後に割り箸で刺身のこま切れを一掴み食指の上にばら撒きます。

イソギンチャクは大きな口をガバッと開いてパクパクと食べません。
いつまでも髪飾りのようにのっかったままで、微動だにしません。

金さんはいつもながら首を傾げます。そして、

こいつはどうやって海で生きていってるんだろう。と小さく呟きます。

ずぅ~っと見ているとクマノミが帰還してきて髪飾りをパクッと食べます。

グァワ~ン!と金さんの頭の中で鐘が鳴りました。
[PR]
by mefmef | 2005-01-28 11:39 | おタコさん(完)