【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新人紹介

何日か前にhereticさんのブログでピンポンパールなる金魚を見ました。ピンポン君は前から見ると小さな丸いぬいぐるみにしか見えません。その可愛さに参ってしまいました。

>> 明日、入荷しますよ。

翌日ペットショップに行くと店員さんは言いました。はは~ん。ペットショップは土曜日に仕入するんだな。と、遅ればせながら知りました。

土曜日、朝から頭の中をピンポンが泳いでいます。それでも、何時に入荷するか分らないしなあ。と、思って、昼近くまで我慢して店に行くと、ピンポンが5匹ビニール袋の中で泳いでいます。

>> 一匹、与太ってるのが居るんで。

わたしは一番元気そうな奴を選んで伝えました。

うちに帰って水槽に入れると、どこでどう間違えたのか、それが与太っているピンポン君でした。(後で見に行ったら残りの4匹は元気に泳いでた)

最初は作りたての(底面ろ過+上部ろ過)自作の小さな水槽に入れたのですが、ずっと底面の砂にキスしている状態です。これは水槽に原因があるのでは?と、思いました。そこで、うちで一番大きな水槽に移すとぶつぶつのうろこをプラティにエサと間違えられて突っつかれて、子供の風船状態。可哀相。

慌てて、グッピーの稚魚用水槽の稚魚を親元に戻して(食べられちゃうじゃんか)、そこに移すと、今度はヒータと壁の間に突き刺さったまま動きません。(煮魚になっちゃう。焼き魚かな。)あたふたとヒータのコンセントを抜きました。

無言の抵抗(わしゃ、こんな狭い所はいやだ!)なのか、病気なのか分りません。が、奴は刺さったままです。覗き込むと目だけキョロと動かして、こちらを見ます。ここは、ふざけやがって。と、怒るところですが、つい笑ってしまいました。なんか、病気でもなんでも無いのに動くのが面倒くさい。なんてのが、本音のような気がしてきたので、おまえの名前はダラダラ姉さんでダラネエだぞ。と、言ってやりました。なぜかメスだと思いました(根拠は無い)。

一人で淋しいのかなあ。やっぱ広い水槽に移りたいのかなあ。

仕方なく、ペットショップに走りました。相棒のピンポンと17CMキューブ。なんでこんな事になるねん。あほくさ。

ダラネエの相棒は違う店で買ったら、ひと回り小さくて色は総オレンジで可愛いんだけど、目つきが悪い。まあこれは、ダラネエと比べての話ですが。エラのせいか剃りこみが入っているように見えます。なので、コラコラ!オウオウ!からコラオと名付けました。

ダラネエの水槽にコラオを入れると、いきなり、おしくらまんじゅうを始めました。う~ん。金魚はわからん。水草に刺さったダラネエを押しまくるコラオ。なんと逆さまのダラネエも応戦して楽しそうなのです。おい、病気なんだからほっといてやれよ。そのうち二人でアップアップし始めました。今度は酸欠かあ、それとも、エサくれ!かあ。わからん。わかりません。頭が痛い。

17CMキューブを超特急でセットしてダラネエを転居。もう、これ以上はできん。限界です。寝ました。



c0034174_9404850.jpg
最初に入れたミニ水槽です。これは上に浮き上がった瞬間。ずっと砂にキスしてた。


c0034174_9391551.jpg
ヒータのコードに突き刺さったダラネエ丸いお尻しか見えない。定位置(1)


c0034174_9402585.jpg
水草と水槽の角に挟まってくつろぐダラネエ。覗き込むと目だけキョロっと動かして、こちらを見る。定位置(2)


c0034174_9384744.jpg
ベストポーズ。エサを食べたあとの貴重な一瞬。あれっ。コラオの写真が一枚も無い。
[PR]
by mefmef | 2005-03-03 09:42 | ダラネエ