【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 03月 26日 ( 1 )

ナベサダ

c0034174_101457100.jpg今回、紹介するのはナベサダ。このジャケットのナベサダは若いですね。

ナベサダを知らない人は居ないだろうと思いますが。愛知万博のオープニングセレモニーでサックスを吹いていたお爺さんがナベサダこと渡辺貞夫さんです。

ジャズは、こまかくいうと色々なジャンルに分けられるのでしょうが、簡単に言うと。スゥイング>ビバップ>フュージョン(フルイゾ!)の流れだとおもいますが。

なぜかボサノバはビバップと同じ範疇で話されますよね。

ビバップのナベサダはあまり聞いていません。もちろん数枚は聞いていますが。ボサノバはナベサダの得意でしたし、定評があったのだと思います。

そのナベサダがアフリカ音楽と出会い。嵌って、世のフュージョンの流れとも合い間って、マイディアライフを始めとする一連のジャズが作り出されたのです。

その中で一番好きなのがこのモーニングアイランドです。

セレナーデ、サンバドマルコス、クリスマスソング。
なかでも、この3曲は大だいダイ好きです。

セレナーデ:甘く切ない大人の曲(バクゼント、シスギ!)
サンバドマルコス:軽快なサンバのリズムを軽快に走り抜けるサックス。
クリスマスソング:クリスマスソングという名の曲を始めて知りました。温かみ溢れる演奏です。嘘でした。


なんせ、良いです。このCDを聞いて吹けもしないサックスを買ってしまいました。
[PR]
by mefmef | 2005-03-26 10:18 | ライフログについて