【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:過去ログ( 34 )

仁義なき戦い

2004年11月中旬 某日(休日)

メダカ飼育セット水槽の、メダカの縄張り争いが激化してきたので、というか小学生水槽の唯一の生き残りの年長のクリーム色くんが体の大きいのを良いことに、乱暴狼藉の限りを尽くすので、セール水槽に移ってもらいました。

セール水槽の大きさ(30センチ)のせいか、只だと思って山から取ってきたアナカリスを森のように入れたせいか、縄張り争いは落ち着いてきました。引越しでびびっているだけかも。

リサイクル水槽は水漏れ点検のため下から10センチほど水を入れて放置しました。リサイクル水槽が安かったのはポンプが無くなっていたせいでした。何故か底面ろ過用のグラス綿がひいてあったので、ぷかぷか浮いています。まるで綿を飼っているようです。

メダカ飼育セット水槽が空いたので、アカヒレ*5 ヤマト*3 石巻貝*3を買いました。
[PR]
by mefmef | 2005-02-24 10:47 | 過去ログ
2004年11月中旬 某日(休日)

おじいさんはホームセンタにぷらぷらと、おばあさんはリサイクルショップへふらるらとお出かけしました。

おじいさんがきょろきょろしていると、そこには1200円の特売の30センチ水槽がありました。これは、おばあさんが喜ぶべえ。まあ、水を飼えばいいさ。と、思いました。とさ。

おばあさんは、リサイクルショップで何かねえだかよ。と、言ってると。ニッソーのルームメイト902(なんと新品なら2万円)が1500円で売っていました。まあ水でも飼えば良いさ。おじいさんが喜ぶべえ。と、言って買って帰りました。とさ。

と、言うわけで。おじいさんとおばあさんの家は水槽とボトルとプラケで立つ所も座る所も寝る所も食べる所もうんこする所も無くなりました。とさ。

めでたし。目出度し。
[PR]
by mefmef | 2005-02-22 14:43 | 過去ログ

イエローリシマキア

2004年11月中旬 某日(休日)

この頃から、山の公園の池に水を採りに行くようになりました。最初は自生しているアナカリスがお目当てだったのですが、水もここから持っていきゃ良いじゃん。と、気がついたのです。

今朝もアナカリスを5本とポリタンクに半分の水を採りました。

帰りにホームセンターに立ち寄るとハーブの棚にリシマキア発見。たしか、水草になるはずです。ちょうど23日前にWEBで見たばかりだったのです。Good Timingでした。もう3日も後だったら、すっかり忘れていたことでしょう。

さっそく買って帰って水の溜まったところには、所かまわずぶち込みました。
c0034174_10303876.jpg


画面左、水槽の中に見えるのが水中葉です。うちのメイン水草になりました。
[PR]
by mefmef | 2005-02-21 10:34 | 過去ログ

お世話になります!

この頃、寄らせていただいたサイトです。

ボトルアクアリウム
ヴェース・アクアリウム
スモールアクアリューム
1㍑プラケで魚を飼ってみる
ミニリウム
ボトルアクアリウム
第一回 エビボトルコンテスト
こえびやさん
AquaBabies
展示室
箱庭生活
[PR]
by mefmef | 2005-02-19 11:35 | 過去ログ

11匹だよ。全員集合

2004年11月初旬 某日(休日)

産卵後14日、全てのメダカのタマゴが孵化しました。全部で11匹です。の筈が数えると9匹しかいません。もっとも、見えるか見えないかビミョ~なので、その辺もビミョ~であります。

900CCのボトルのなかでウジョウジョと縄張り争いなのか、お遊戯なのか、追っかけたり、体当たりしたりを繰り返しています。

エサは乾燥ミジンコをすり潰して与えましたが、どうやっても口に入る大きさにはできません。
なら、そば粉はどうだ。と、いうことで、蕎麦粉をひとりに一粒やることにしました。

う~ん。9粒。むずかしい。

しかし、3日はがんばりました。4日目にやめました。

その後、エサは無くても子は育つっていうの?週いちの潰しミジンコで皆さん元気に育っております。
[PR]
by mefmef | 2005-02-19 10:21 | 過去ログ
2004年11月初旬 某日(休日)

今日採ってきたギンギラの魚は、どうやらウグイの幼魚のようです。
小学生水槽に入れました。

ウグイちゃんは自分とさしてかわらぬ大きさのメダカをお母さんと間違えて追いかけています。とうのメダカたちは、わしゃしらん。と、勝手気ままに泳いでいます。

薄茶色のシジミはどこかに朝鮮シジミと書いてありましたが、さだかではありません。
全ての水槽にばら撒きました。

余ったのでボトルを作っていれました。
それでも余ったので公園の池に入れました。

こら!自然破壊だぞ。すんまそん。
[PR]
by mefmef | 2005-02-18 15:19 | 過去ログ

3度目のズブズブ

2004年11月初旬 某日(休日)

金さ~ん! 久しぶりにズブズブどう?

>> おう。 ちょうど朝一の客が帰ったとこだ。
   たまには、沖へ出て海草でもズブズブするってのはどうだい。

いやあ、おれ泳げないんだよ。実は。

>> お、およげない? まじかよ。

まじですよぉ。普通そういうの冗談になります?

>> オレなんかよ。生まれて三ヶ月で船から投げられて泳いでたよ。

さ、さんかげつ? まじですか?

>> おおまじ。普通そういうの冗談になるかあ?

な、なります。と、おもいます。



私たちは最初にオオフサモを採った場所に行きました。



>> おい。なんだか、ちっちぇーのが泳いでるぞ。

シー!キンサンノ、オッキナコエデ、ミンナ、ニゲチャウカラ。

>> アノー、チッチェーノハ、ナンダロウナア。

シー! キンサン、アッチ、イッテテヨ。

>> ツレテキタノハ、オマエダロウガ。

イイカラ、アッチ、行けっつうの!

>> へん! 今時の若いのは礼儀しらねえ。ちゅんだかなんだかな。

シーッ!

>> あばよ。

なんだか分らない細長くてギンギラした魚が一匹だけ採れました。




>> お~い! 魚採ってる場合でないよ。
   こっちにシジミがいっぱいいるぞ。

金さんが中洲の小さな水路で飛び跳ねています。

小川の底は薄茶色のシジミで埋め尽くされているようです。一握りすくうと砂の量よりシジミのほうが多い感じです。

>> こりゃ、明日はシジミ汁だな。

え~。 すぐそこにフナのデカイのが死んでるよ。重金属を腹いっぱい溜め込んでるんじゃない?

>> かまやあしないよ。喰ったやつの勝ち。喰われたやつの負け。


細長い銀色の川魚の稚魚と薄茶色のシジミ20位をゲット。
金さんはザルにいっぱいのシジミを持って帰りました。死ななきゃ良いけど。
[PR]
by mefmef | 2005-02-15 15:53 | 過去ログ

メダカボトル

2004年11月初旬 某日(休日)

メダカ飼育セット水槽を覘いてみると、ビー玉が3個割れています。

う~ん。

う~ん。

う~ん。稚魚発見。

透明なプラスチックを針で引っ掻いた傷のような。長さ3.5ミリの稚魚です。

う~ん。

う~ん。

ちょっと目を離すと、消えてなくなります。
延々とかくれんぼで遊びました。

3匹はボトルを作って泳がせました。産卵から八日目のことでした。
[PR]
by mefmef | 2005-02-14 11:11 | 過去ログ

味噌汁しじみ

2004年11月初旬 某日(出勤日)

今日も会社帰りにスーパーでお買い物です。

晩のおかずは何かな~? やっぱり、鍋? 昨日も鍋。一昨日も鍋。先月も鍋。
考えてみたら、3週間鍋ばっかし。鍋地獄だな。ま、いっか。

白菜、これが高いんだなあ。台風と地震のせいだそうだ。

あ、あしたの味噌汁。具は? しじみ。

結局、晩は鳥鍋にしました。チューリップという唐揚げ用のお肉を鍋にするのがお気に入りです。
買ったしじみは翌朝、半分を味噌汁にして美味しい朝ごはんをいただきました。
最初は明日、半分を食べようと思っていたのですが、夜になると何匹か死んでいたので、食べる気が失せてしまいました。
死んだしじみをピンセットで摘み出してゴミ袋に捨て、残りを水道の水で洗って、丼で水道水に漬けておきました。

毎日、2~3匹が死んだので繰り返すこと1週間。 

生き残った3匹のしじみです。
c0034174_10172530.jpg


写真では色が薄くなっていますが、あの味噌汁に入っている黒いしじみです。
現在の写真なので、3ヶ月は生きています。普段は潜っているのですが、たまに気が向くと出てきます。
[PR]
by mefmef | 2005-02-13 10:21 | 過去ログ

夜空を飛ぶエビ

2004年10月下旬 某日 (休日)

また、ショップのビニール袋の中でメダカが一匹死にました。
ショップから家までの道が一番危険なようです。

リニューアルした小学生水槽にクロメダカ4匹とヤマトヌマエビ2匹、石巻貝1匹を入れました。
メダカはちょっと怯えた様子。ヤマトは元気良く走り回っています。石巻貝は良く見ると二本の歯が可愛い。目の無いネズミの漫画みたいです。

夜になると、ヤマトはホウキに乗った魔女のごとく夜空を飛び回っていました。ほぇ~。と感心しました。

朝になると、ヤマトは天国に飛んでいって、水草の根元で眠っていました。

なるほど。エビが空を飛ぶときは苦しいんだな。と、悟りました。はい。
[PR]
by mefmef | 2005-02-10 16:34 | 過去ログ