【提供 三毛猫さん】    エンゼルの稚魚。


by mefmef
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:プールデータ( 4 )

小学生プール。

c0034174_13504047.jpg

初のお披露目でございます。うちで二番目に買った水槽です。520円。

もう、かれこれ半年になりますねえ。一時は苔まみれでした。白くなったり、黄色くなったり、緑になったり、もう目まぐるしいプールです。藍藻にもとりつかれて異臭を放った時期もありました。現在では、なんとヒルが自生しております。これはなんとかしたいのですが捕まりません。

生体:今はクロメダカ4匹、ミズマイマイ多数、逆巻貝多数、カワニナ多数、ヒル数匹、なんかのタマゴ(透明なゼリーに点が10個位ある)多数、ビーシュリンプ3匹(これも最初から生きている)

水草:ナナ、その他色々。

うわあ~!きもい。でも、好き。
[PR]
by mefmef | 2005-04-16 13:50 | プールデータ

メインプール

c0034174_15482045.jpgこれが家のメインプールのニッソー901です。

はあ?これ切手かあ?と、言われそうな写真ですが、デジカメ持ってないんです。お恥ずかしい。このブログでちょっとマシな写真は友達から借りたデジカメで撮ったものです。本当は先月買う予定だったのですが、その矢先に他所の車に擦っちゃって修理代で吹っ飛んでしまいました。また、借りてきて撮るつもりです。

やはり、メーカーさんの研究成果は凄いですね。水替えも水足しも、な~んにもしてなくて、エサはガバガバやってますが完璧キレイです。もっとも一時こけ苔に成りかけたのですが、うちの清掃部隊石巻5匹とヤマト2匹を出動させたら一週間でピッカピかにしてくれました。リサイクルショップで買った時はバックスクリーンが黒白茶緑の迷彩模様でなんとシュールな背景と思っていたのですが(結構、気に入ってた)その模様まで全部食べちゃいました。おそるべし。
c0034174_15492325.jpg
一番の自慢はやはり味噌汁シジミです。なんと4ヶ月生きています。しじみはずっと同じ所に居るものなのかと思っていたら、時々出てきて引越しをします。写真のプールの底の黒いのが、それなのですが、昨日出てきた時には前面左の角あたりにいました。結構移動するようです。
c0034174_15501422.jpg











水槽:ニッソー(マイルーム?)901 30㍑位
   リサイクルショップで1500円 ポンプ無し 
   ヒータ(当初、日淡を飼うつもりだったので)外した。が後付の水中モータで23度キープ

底砂:ろ過砂、ろ過用合成綿

ろ過:eろ過(30センチ用)1000円 デフォルトのろ材はそのままビッチリ入っている

水草:カボンバ
   リシマキア
   ウィステリア
   ナナ
   オオカナダモ
   (ロタラインディカ 昨日入れたので写ってない)
   (アマゾンソード 同上)

   
水替え:無し

照明:セットのもの 6W*2

水温:今のところ23度 夏が怖い

生体:アカヒレ(成魚?)20ミリ*5
   プラティ 25ミリ*3
   
   味噌汁しじみ*3
   朝鮮しじみ*3
   石巻貝*2
   カワニナ*5?
   ビーシュリンプ*8
   ヤマト沼エビ*2


エサ:乾燥赤虫(2日に1回程度 20匹位)

維持期間:およそ4ヶ月
[PR]
by mefmef | 2005-03-13 15:52 | プールデータ

ちっぽけ水槽

c0034174_1125218.jpg
これがサイズ的には理想のちっぽけ水槽です。

15*8*15、計らずも一升枡と同じ大きさになりました。これは、ガラス屋さんに頼んで切ってもらいました。

15*8 3枚
15.3*15 2枚

1枚400円 計2000円

バスコーク(接着剤)400円

なんと、材料費だけで2400円。ゲゲグエ~! た、高い。我が家の水槽で一番高い。

で、なんで角々が白く汚くなっているかというと。それは、まあ、あなた。聞くも涙。語るも涙。なので御座いますよ。

な、なんとガラス工芸の素人のわたしはマスキングという技術など知るよしも有りません。

なんの用意もなくガラスの淵に接着剤を塗りたくりテーブルの上で接合を終えました。仮止めのため輪ゴムを掛けようと思って、よくよく考えてみると両手は水槽(のようなもの)を押さえるために塞がっています。アゴを使ってとか、足を使ってとか、チンパンジーのような事も考えてはみたものの、実現する勇気も体力もありませんでした。

しかるに、わたしがとった方法というのは。

ただただ、その体制で待ったのです。

待つこと約1時間。手が痺れて、よもや、腐ってしまうのではないかと思われた頃。決断の時はやって参りました。

うあっ!と、念力を掛けて手を離すと、その、(のようなもの)は崩れることなく、すっくと立ったのであります。無事輪ゴムを掛けることもできました。めでたし、めでたし。

で、再度、話を戻して、なんであんなに汚いかと申すと。(この時点ではだいぶマシだった)

翌日(接着剤の乾燥が24時間掛かる)水を入れてみると、あなた。
漏れるもれる。

接着剤を塗って24時間・・・漏れる。を繰り返して、かように汚い水槽が出来上がったのであります。(パチパチパチパチ ヒューヒュー イイゾイイゾ バカヤロー)

上の写真は当初のもの
下の写真は何故か苔こけになった現在のものです。

c0034174_1145998.jpg









水槽:自作(一部 湯河原ガラス店補助) 1800cc

底砂:ろ過砂、ろ過用合成綿

ろ過:底面(なんとかミニ、市販品 680円)

水草:カボンバ
   リシマキア
   パロットフェザー
   
水替え:基本的に無し、蒸発した分を追加

照明:コトブキ(曲がる金属ホースのやつ 2000円くらい)

水温:不明

生体:アカヒレ(成魚?)20ミリ*4匹
   オトシンクルス*1(最近投入)
   石巻貝*1
   ビーシュリンプ*1
   ヤマト沼エビ*1(最近引っ越してきた)


エサ:乾燥赤虫(2日に1回程度)

維持期間:およそ2ヶ月半
[PR]
by mefmef | 2005-03-10 11:08 | プールデータ

メダカボトル

c0034174_12545593.jpg11月初旬に作ったメダカボトルです。

水替えもせず。時たまスポイドで表面を吸出しし、蒸発した分を挿し水するくらいで高い透明度を保っています。クリスマス前までは一本のカボンバがまるで大木のようにボトルいっぱいに成長し、色も鮮やかで(写真を撮っておけば良かった)朝日に当たると細かい気泡をキラキラ輝かせていたのですが、急速に色を失ってしまいました。今年になってカボンバは先端を切って挿し戻しました。今でも日に当たると気泡はでるので、復活を期待して待っています。地中には元の根も残っているので春の訪れと共に新芽の期待もあります。

c0034174_12553875.jpg底砂はなにやら得体の知れない物質で覆われて、自然の沼を思わせて、美とは程遠い有様です。しかし、違う水槽に移した6匹よりは、見るからに成長したメダカを見るとエサの豊富さがうかがえます。もともとビオトープ思考で始めた飼育なので、出来る限り維持していきたいと考えています。そのうち大きくなって1匹くらいしか残せなくなると思いますが、その頃には新しい稚魚の誕生となることでしょう。稚魚専用ビオトープとして継続していければ良いのですが。

途中、欲しいという人が現れて、箱根の仕事場に置いたことがありますが、夜間は0度近くになる事務所で5日間を耐え抜きました。当人は小さな声で可愛いと言ったきり現れなくなり、現在ここに有るのですが、それはそれで良かったと思っています。


水槽:100円ショップのボトル 900cc

底砂:川砂(ダムにてヨシノボリと共に採取)

水草:カボンバ
    ドリマリア

水替え:基本的に無し、時々スポイドで表面を吸出し、減った分を追加

照明:午前中2~3時間日が当たる

水温:酷い時は10度以下に成っていたのでは

生体:生まれてすぐのメダカ~現在は12~3ミリ*3匹
   水マイマイ*1
   カワニナ*1

エサ:当初は蕎麦粉、現在は乾燥赤虫(10日に1回程度)

維持期間:およそ4ヶ月
[PR]
by mefmef | 2005-03-08 12:58 | プールデータ